HOME DIAMOND

DIAMOND

DIAMOND〈ダイヤモンド〉

長年の経験とダイアモンド商社とのパートナーシップにより、厳選されたダイアモンドのみをご用意しています。厳しい審査をクリアしたダイアモンドだからこそ最高の輝きと品質に自信があります。こだわり抜いたCHARIS〈カリス〉のダイアモンドをおふたりでじっくりと吟味してお選びください。

CHARISの厳選されたDIAMOND

DIAMONDの4C

CHARIS〈カリス〉のダイアモンドは、鑑定書〈ダイアモンドグレーディングレポート〉が必ず付いております。鑑定書〈ダイアモンドグレーディングレポート〉とは、GIA〈米国宝石学会〉が定めた品質評価国際基準に基づき評価した鑑定機関が発行したレポートのことです。
〈4C〉と言われる4つの項目でグレーディングされ、この評価によって価格が変わってまいります。〈4C〉とは〈カラー〉〈クラリティ〉〈カラット〉〈カット〉の評価のこので、CHAIRSのダイアモンドはダイアモンドのもっとも重要と考える輝き〈カット〉を一番に考えています。輝いてこそダイアモンド、輝かなければ意味がありません。CHARISではカットグレードの低いダイアモンドはご提供できません。
厳選された基準をクリアしたものしかお取扱しないCHARISは以下の基準になります。〈4C〉の詳しい説明と一緒にご説明させていただきます。

ダイアモンドの重量

Carat〈カラット〉

ダイヤモンドのカラット重量とは、ダイヤモンドの重さの測定です。 基準の「カラット」は200ミリグラムと定義されています。他の条件が同じ場合、ダイヤモンドの価格はカラット重量に従って上昇します。大きいダイヤモンドは稀少で、魅力があるからです。 ところがカラット重量が等しい2つのダイヤモンドでも、4Cの他の3つの要素、つまりクラリティ、カラー、カットにより、非常に異なる価値(と価格)を持つ可能性があります。カラットの選択は人それぞれですが、一般的には0.2~0.3ct、大きめのもので0.5ctなども人気です。大きめのダイアモンドは、デザインよりもダイアモンドをより強調したほうが宝石が活きてくるのでシンプルなデザインをおすすめいたします。

ダイアモンドの色

Color〈カラー〉

ダイヤモンドの色評価は、無色が基準となります。 化学的に純粋かつ構造上完璧なダイヤモンドには、不純物のない水のしずくのように色相が存在せず、その結果高い価値を持つことになります。 GIAのDからZのカラーグレーディングシステムでは、ダイヤモンドを制御された照明下と精確な観察条件下でマスターストーンと比較することにより、どの程度無色かを測定します。評価は、無色を表すDで始まり、色味が濃くなるにつれZとなっていきます。これらの色の違いは多くの場合たいへん微妙で、素人の目には見えませんが、こうした差異は、ダイヤモンドの品質と価格に非常に大きな違いを生みます。
色の差は比べても分かりにくいレベルで、DとEを比べても見分けが困難でDとFでひとつクラスを変えてやっと見分けられる程度です。肉眼では、他のグレードと比べなければG以上は無色透明に見えますし、日常ではほとんど色味を感じることはありませんのでご予算に応じてグレードを選ばれることをオススメします。
CHARIS〈カリス〉ではD~Gカラーを推進しております。

ダイアモンドの透明度

Clarity〈クラリティ〉

天然ダイヤモンドは、炭素が地球深部で強烈な熱と圧力にさらされた結果としてできたものです。 このプロセスは、「インクルージョン」と呼ばれる様々な内部特徴と、「ブレミッシュ」と呼ばれる外部特徴という結果をもたらすことがあります。
ダイヤモンドのクラリティ評価には、こうした特徴の数、大きさ、レリーフ、性質、およびそれらの位置の判定、そしてこのような要素が石の外観に与える影響が含まれます。 完全に不純物のないダイヤモンドはありませんが、それに近づくほど価値は高くなります。GIAクラリティスケールには6つのカテゴリーがあり、そのうちのいくつかは細分化され、合計で11の等級となっています。
クラリティは、FL〈フローレス〉がもっとも希少価値が高く市場でなかなか見ることは出来ません。一般のお客様にはほとんど見分けがつかないほどのレベルですがひとつグレードが違うことで価格が変わってきます。VSクラスで専用の10倍拡大ルーペを使用し発見が困難で、SIクラスになって10倍拡大ルーペで発見が出来ますが肉眼ではほぼ見えないレベルです。CHARISでお取扱しているSIクラスはもちろん肉眼で発見は困難でダイアモンドの輝きに影響することはありません。SIクラス以上でしたら輝きのあるダイアモンドが手に入ります。

ダイアモンドのカット

Cut〈カット〉

ダイヤモンドは、光と輝きを強く放つことで知られています。ダイヤモンドのカットグレードは、ダイヤモンドのファセットが光といかに良い相互作用を持つかを評価するものです。石の加工には正確な芸術的手腕と細工が必要とされ、そのプロポーション、シンメトリー、研磨により、ダイヤモンドのみが成し得る光の見事な反射を生じさせます。カットの品質は、ダイヤモンドの最終的な美しさと価値にとって重要です。
そして婚約指輪に良くつかわれるダイアモンドのカットがこの〈ラウンドブリリアントカット〉です。ダイアモンドがもっとも輝くカットとして、ダイヤモンドの反射・屈折率といった光学的特性を数学的に考慮して最も美しく輝く型を理論的に見いだしたカット。理想のプロポーション〈アイデアルプロポーション〉に近いカットほどダイアモンドが輝き、もっとも光を放つグレード〈エクセレント〉から順に評価が下がってきます。CHARIS〈カリス〉では、もっとも輝くエクセレントカットのみ採用。さらにこだわり抜いた〈トリプルエクセレント〉を推進しています。

エクセレントを越える最上級の輝き

3 Excellent cut Heart & Cupid

カットにはプロポーション〈カットの総合評価〉以外に、シンメトリー〈対象性〉とポリッシュ〈研磨〉の評価基準があります。

シンメトリーもポリッシュもプロポーション同様にエクセレントからはじまる5段階評価で、グレードが低いと輝きを損なう恐れがあります。シンメトリー〈対象性〉とは文字通りダイアモンドの上下左右が鏡のように対象になると評価も〈エクセレント〉。ダイアモンドを特殊なスコープで上からのぞくと8本の矢が、下から覗くと8個のハートが見える現象が起きます。これが〈ハート&キューピット〉なのです。
ポリッシュ〈研磨〉は、ダイアモンド表面の研磨状態を表す項目で磨きがもっとも綺麗な状態を〈エクセレント〉の評価になり、プロポーション・シンメトリー・ポリッシュこの3つがすべて〈エクセレント〉のダイアモンドこそCHARIS〈カリス〉が厳選して取り扱う〈3 Excellent cut Heart & Cupid〉なのです。

/